1. TOP
  2. 目標設定方法
  3. 練習で簡単な目標を達成しても意味がないと思っていませんか???                         目標設定第3ステップ!!【達成できる目標を立てる】

練習で簡単な目標を達成しても意味がないと思っていませんか???                         目標設定第3ステップ!!【達成できる目標を立てる】

 2017/10/19 目標設定方法 選手のメンタル技
この記事は約 5 分で読めます。 726 Views

スポーツメンタルコーチの橋本です^ ^

前回の記事では、
Step2の 数字として測定できる目標設定にするについてお伝えしました。
まだ、第①ステップと第②ステップを読んでいない方は、こちらから先にお読みください⬇︎⬇︎⬇︎

ステップ①⬇︎⬇︎⬇︎

スポーツの試合で、結果が出ないのは、目標設定が出来ていないから!試合で結果を出すための目標設定5ステップをご紹介!

ステップ②⬇︎⬇︎⬇︎

毎日の練習のモチベーションが上がる目標設定第②ステップ!! 【数字として測定できる目標設定にする】

第③ステップ スポーツにおける目標設定は、毎日必ず頑張れば達成できる目標を作ろう!!!!

今回の第③ステップで、1番大事なキーワードは、必ず頑張れば達成できる です。

あなたは、毎日目標を達成していますか????

もし、毎日達成していないなら、、、、
あなたは、損していますよ!!!!!
もう1度いいます!!!  損してます!!!

多分ほとんどの人が毎日目標を達成を出来ていないと思います。

では、なぜ毎日目標達成ができていないのでしょうか???

私が、サポートしている選手の中で多い理由をお伝えします。

① ステップ2の測定できる目標ではないから
(ステップ②の記事をお読みください^ ^)

② 目標が高すぎて毎日同じ目標になっている

③ 自分の本気で取り組める目標ではない

この3つが特に多い理由ベスト③です。

それでは、このように目標を達成できない人のために達成できる目標設定方法となぜ毎日目標達成すると良いのかをお伝えして行きます。

練習で毎日達成する目標を作るには??

ここは、ステップ②の【測定(数値化)できる目標を作る】の応用になります。
ステップ②の記事の内容も含めながらお伝えして行きます。

① 目標を測定できるようにする

簡単な目標を(例)に出してご説明します!!

シュートが上手くなりたい(サッカー) → シュート練習で10本中4本入れる
守備のエラーをなくしたい(野球)   → 守備練習で、30本中5本 エラーをしない
ドリブルで抜けるようになる(バスケ) → ドリブル練習で、10回中4回 ドリブルを成功させる などなど

わかりやすい例を出しましたが、どれも数値化して測定することができますよね^ ^

ここからが問題です。

「え???これならすぐ達成できるし・・・ 達成してしまったどうするの???」って

思いませんでしたか???

これでいいんです^ ^
その理由は、この記事を読み進めてもらえれば分かります!!!

まずは、その目標を達成することについて大事なことを説明します。

例えば
月曜日 10本中4本のシュートを入れることだとしましょう。
それでもし、10本中5本シュートが入ったとしても
次の火曜日の目標を10本中6本に増やさないでください!!

その日に、目標より多い数を達成してしまった場合は、
「よし、今日は目標より沢山の経験値を得た」というメンタルの考え方をしましょう^ ^
オマケをゲットしたくらいの気持ちで大丈夫です。

それなら、
「その目標を達成したその日の残りの練習は、どのようにすればいいの??」と疑問に思う人もいるとおもいます。

それも、問題ありません^ ^
目標でなくても練習で意識しないといけないことなんて沢山ありますよね???
それを意識するだけです!!

特に、その日の目標を達成した後だと【脳の仕組み】でいつもより意識することができるようになりますよ!!

大事なのは、どんなに簡単な目標でも
その練習を行う前に◯◯の目標を達成すると決めて練習にして
目標を達成すると言うことです。

②毎日目標達成すると何が違うの??

毎日の目標を達成するとまず大きなメリットがあります。

それは、やる気の源の ドーパミン という成分が出ます。

「よくやる気が出ないー」とか「めんどくさい」「どうせできない」と言う言葉を聞きますが
この状態が、ドーパミンが出ていないことが続く状態です。
ドーパミンは、どんなに小さい目標でも達成すると出ます^ ^

なので、先ほども書きましたが
その目標の練習を行う前に、「◯◯を達成するぞ」と脳に認識させてください。
この作業がないと達成した時も、脳は達成したと認識してくれません。

もし、簡単な目標で達成した感じがしないと思っていてもちゃんと脳は認識しているので安心してください。

毎日、ドーパミンを出し続けることが大事です。

だからと言って、努力もしないで達成できる目標にするのはやめてくださいね笑
絶対達成できると言っても自分が頑張ればできる目標です!!(最終目標値を低くしすぎない)

※最終目標値とは???

10球中◯球の 10球中の赤の部分のことです。
赤の部分の数値が低いとすぐに達成してしますので努力しないとできないくらいの数値にしてください。
初心者の方は、少ない数から始めて構いません。

③ 毎日の目標達成の記録をノートに書いて目で見るようにする

毎日の目標達成は、ノートに書くとさらに効果を発揮します。

まず、文字にすることでどれだけ成長したかが一目でわかります^ ^

さらに、脳は目から入ってくる情報にとても敏感です。
目で見ることによってさらに、脳は達成したと認識してくれてどんどん ドーパミン 出してくれます。

是非、ノートに書いてくださいね!!

まとめ

今回の記事で、毎日立てる目標の重要差に気づいて頂けましたでしょうか!!

誰でも、いきなり上手くなることなんてありません。

よく筋トレをする時に、まずは少ない数からでいいと良く言われていますが
それも同じ原理で、いきなり高い数の目標をこなしてきついから続かないんです。
少しづつ数を増やす! これが、強くなるために一番の近道ですので毎日の練習で目標達成していきましょう^ ^

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

メンタルトレーニングで一流の選手・監督になるブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

メンタルトレーニングで一流の選手・監督になるブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hy9910199

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • スポーツ選手を伸ばすために必要なのは、質問と承認が大事!! 本物の質問と承認できていますか?

  • なぜ、あなたが監督・コーチをしているチームの選手は、悩みが消えずに育たないか?? その理由を公開!!!

  • スポーツの試合で、結果が出ないのは、目標設定が出来ていないから!試合で結果を出すための目標設定5ステップをご紹介!

  • 毎日の練習のモチベーションが上がる目標設定第②ステップ!! 【数字として測定できる目標設定にする】

関連記事

  • スポーツの試合で、結果が出ないのは、目標設定が出来ていないから!試合で結果を出すための目標設定5ステップをご紹介!

  • 毎日の練習のモチベーションが上がる目標設定第②ステップ!! 【数字として測定できる目標設定にする】

  • スポーツの目標設定は、自分が本当に手にしたい現実的な目標にしよう 第4ステップ 【 現実的な目標にする 】

  • スポーツの目標設定には、必ず期限をつける 【第5ステップ】期限のある目標にする

  • 目標を立てるのが大事な事だとわかっていても目標を立てれない選手

  • 目標が達成できない理由=練習量が足りない・才能がないと思っていませんか???